お知らせ


東京2020パラリンピック 車いすフェンシング選手決定のお知らせ

 
東京2020パラリンピック出場選手が正式に決定いたしました。車いすフェンシングにおいては下記の6名が選ばれました。パラリンピックにおける車いすフェンシング競技の日程も含めてお知らせいたします。どうぞご声援をよろしくお願いいたします。

                              NPO法人日本車いすフェンシング協会
                                      理事長 加藤 伸也
                       記
 
 東京2020パラリンピック 車いすフェンシング日本選手

 

 監 督 恒松健児
 コーチ 田淵英孝
 コーチ 山本憲一
    
    選 手 阿部 知里 (香川県) フルーレ・サーブル
           恩田 竜二 (三重県) フルーレ・サーブル
           加納 慎太郎(東京都) フルーレ・サーブル
           櫻井 杏理 (京都府) フルーレ・エペ
           藤田 道宣 (神奈川県)フルーレ・エペ
           松本 美恵子(東京都) フルーレ・エペ
            *男子フルーレ、女子エペ 団体戦出場

 東京2020パラリンピック車いすフェンシング競技
      会場:    幕張メッセBホール
      日程:    2021年8月25日(水) サーブル
                       26日(木) エペ
              27日(金) エペ団体
              28日(土) フルーレ
              29日(日) フルーレ団体


HPSC 活動再開におけるガイドラインについて

 

NPO 法人日本車いすフェンシング協会における東京NTCE 及び京都NTC の活動再開に関する,

ガイドラインについて定めました。

選手及び関係各位はガイドライン(PDF)を確認ください。

ダウンロード
車いすフェンシング活動におけるガイドライン
車いすフェンシング活動におけるガイドライン.pdf
PDFファイル 471.8 KB

コロナウィルスの懸念により『2020 IWAS World Games』の開催延期をIWASが発表

 

2020年2月22日から28日に、タイのナコーンラーチャシーマーで開催を予定していた『2020 IWAS World Games』を、コロナウィルスの感染を懸念し、2020年4月2日から9日に開催を延期することを発表しました。

 

詳しくは、下記ご覧ください。

■IWAS公式サイト

http://www.iwasf.com/iwasf/index.cfm/iwas-news1/iwas-postpones-2020-world-games/

 

 

 


JR千葉駅「パラスポーツ&おもてなし文化体験」にて模擬体験会を実施しました。

 

2019/2/14掲載

 

2月3日日曜日にJR千葉駅で開催された「パラスポーツ&おもてなし文化体験」で当協会は東日本旅客鉄道様に協力し、車いすフェンシング模擬体験会を実施しました。


午前午後それぞれ90分間にわたる競技説明及び体験会を行いましたが、60名もの体験希望者がお見えになり、大いに盛り上がりました。
東日本旅客鉄道様のマスコット駅長犬との触れ合いで和やかに進む中、江澤駅長様、卜部助役様からご挨拶もあって良いイベントになりました。


当協会から宮原、児玉の2名が赴き、帝京平成大学から4名、千葉大学から1名の学生ボランティアさんも応援に来て頂いて、体験会は無事に終了しました。


東京パラリンピックの車いすフェンシング競技は2020年8月26日(水)から30日(日)まで、千葉市の幕張メッセで行われます。地元千葉市の皆さんに車いすフェンシング競技を知って頂く良いきっかけになりました。今後の広がりに期待しております。


当日お世話になりました東日本旅客鉄道様からはご丁寧に感謝状を頂戴しました。
東日本旅客鉄道の皆様、参加して頂いた皆様、誠に有難うございました。


帝京平成大学で車いすフェンシング競技ボランティア研修会を実施しました。

 

2019/2/2掲載

 

競技の準備のため、当協会では競技ボランティアの募集と研修会の開催を進めています。
車いすフェンシングの競技ボランティアの募集コードはSPT0926100 です。


昨年11月9日には京都ワールドカップでお手伝い頂く学生ボランティアの募集と研修会の第一回目を、千葉県市原市の帝京平成大学にて同大学准教授 健康医療スポーツ学部の 馬場 宏輝先生、そして千葉県オリンピック・パラリンピック推進局のご指導ご協力にて開催致しました。


この研修会参加者の中から、帝京平成大学3名、千葉大学1名の計4名が京都ワールドカップに参加して、大いに経験を積み、東京パラリンピックでは大きな戦力になることが期待されています。
引き続き、今年2月1日には再び馬場先生と千葉県オリンピック・パラリンピック推進局のご指導・ご協力を頂戴して同校にて第二回の研修会を実施しました。

 

 ★帝京平成大学サイトでも今回の研修会についてご紹介頂いています。

 http://www.thu.ac.jp/news/2019/01/190110-02.html(外部リンク)

 

更に千葉県内で3~4校の大学と連携して車いすフェンシングの競技ボランティアを育成し、東京パラリンピックの実行体制を確立するとともに、将来も車いすフェンシング競技を支えてくれる人財の発掘・育成に努めてまいります。

▼第一回研修会(2018年11月9日)

▼第ニ回研修会(2019年2月1日)


2017年車いすフェンシング日本選手権大会・国際親善大会

IWAS Wheelchair Fencing Satellite Competition 2017

 

日時:2017年10月13日 (金)~15日 (日)

所:京都車いすフェンシング競技ナショナルトレーニングセンター(元山王小学校/京都市南区)

主催:NPO法人日本車いすフェンシング協会

 

詳しくは、下記ダウンロードの上ご確認ください。

ダウンロード
2017年車いすフェンシング日本選手権大会・国際親善大会 開催要項
competition2017.pdf
PDFファイル 110.0 KB

北海道パラアスリート発掘プロジェクト

 

北海道から世界で活躍できる車いすフェンサー発掘を目指し、「北海道パラアスリート発掘プロジェクト」が始まります。

8月より釧路、旭川、札幌で随時セレクションを実施します。

関心ある方は、北海道振興課オリパラ連携室(TEL011-204-5254)まで。

http://www.pref.hokkaido.lg.jp/ss/tkk/hodo/kaiken/h29/290628haifu-01.pdf

 

 

平成28年度車いすフェンシング日本選手権大会    

 

日時:平成28年8月7日(日) 10:30-15:00

 

場所:エルイン京都 京都駅八条口 徒歩2分 075-672-1100

 

主催:NPO法人日本車いすフェンシング協会

 

競技種目:個人戦 フルーレ 予選ならびにトーナメント戦

 

<詳細はメールでJWFAオフィスにお問い合わせください>

 

 

東京都パラリンピック選手発掘事業

 

東京都主催の障がい者スポーツ競技者に向けたプログラムです。

>>外部リンクへ

 

TOKYO2020に向けて新たな一歩を踏み出す選手たちを応援してください!

 

0 コメント